自身のスキル・相違工夫を活かせる職場
中西 健太
地域計画部 主任
2018年入社
岡山大学大学院 電子情報システム工学課卒業卒業
これまでの仕事内容とやりがいを感じる部分を教えてください
私は前業種は全く別の仕事をしており、大手電機メーカーのグループ会社でプログラム関係の職業についていました。
弊社では少人数のチームではありますが水理解析のソフトウェア開発・販売等を行っており、前職のプログラム開発の経験を活かして仕事をしています。大企業では業務の分担が進み、同じような仕事を延々とこなす場合がありますが、弊社では1つの仕事に最初から最後まで関わることが多いです。その分やることは多いようですが、仕事を終えた時の満足感は高いと思います。
仕事をする上で心がけていることはなんですか
前職とは全く別の職業であるため、新卒の方と同じように分からないことがたくさんあります。しかし回りの方に教えてもらったことを自分なりに理解し、分からないことを分からないままにしないということを心掛けるようにしています。また、仕事をする上では意思疎通が重要となります。他の方に説明をする場合、なるべく平易な言葉でわかりやすく説明したいと思っています。人に正しく情報を伝えることは思ったよりも難しいです。必要な情報が足りないのはもちろんダメですが、情報を詰め込みすぎてもどれが大事な情報なのか分からずうまく伝わりません。要点を理解し整理して伝えることが大事ではないかと思っています。
建設コンサルタントの魅力はなんだと思いますか
全く違う分野から入った私ですので、水理学や土木関係の講義等はほとんど受けたことがありませんでした。しかし、細かいところを抜きにすると、雨、洪水等、現象としてはある程度想像が付くものが多く、知らない状態からでも入りやすい分野であると感じました。また、コンサルタントという職業はお客様のお困りごとを解決するサービス業であるということから、自分の力が社会の役に立っているという実感を得やすいのではないかと思います。