地域住民の安心・安全を守る
越智 亮太
地域計画部 技師
2015入社
山口大学大学院 理工学研究科 地球科学専攻卒業
これまでの仕事内容とやりがいを感じる部分を教えてください
南海トラフ巨大地震や中央構造線活断層地震の際に、地域住民の安心・安全を守る防災に関する仕事に携わっています。具体的には、災害時の避難所運営訓練、災害時に発生する大量の災害廃棄物処理をどうするかという計画策定、津波から住民を守る津波避難施設の点検業務です。仕事を行っているときにやりがいを感じることは、私たちのがんばりがそのまま南海トラフ巨大地震や中央構造活断層地震発生時の行政や住民生活の安心・安全に直接つながっているという責任ある仕事に携わっていることです。
仕事をしてみて感じたことを教えてください
仕事をしている中で感じたことは、社会人になるまでに身に着けた様々な知識や能力が仕事をするうえで大きな力になっていると同時に、発注者との電話対応や協議、住民向けの説明会資料作成等のスキルや専門的な知識にまだまだ乏しいということです。そのため、社会人になる前よりも、より多くの知識やスキルを身につけるための自主学習をしなければならないと感じています。
今後の目標について教えてください
今後の目標は、入社5年目になり仕事量も内容も今までとは違うものになり、少しずつ進歩してきていると感じることが多くなりましたが、知識も資料作成等のスキル、電話対応、協議等での説明方法や住民対応等でのコミュニケーション能力がまだまだ身についていないと感じることが多いので、知識を学習等で身につけ、資料作成や説明方法等のコミュニケーション能力を身につけることです。また、少しでも多くの仕事を主担当として携わっていくことができるようになることも、今後の目標です。